沖縄サッカーキャンプとは

沖縄サッカーキャンプは、
沖縄県にプロサッカーキャンプを誘致する、
沖縄県・FC琉球・電通沖縄との共同プロジェクトです

近年におけるサッカーキャンプは、2011年から沖縄県・官公庁の後援を受けて、沖縄県にプロサッカーキャンプを誘致する「美ら島サッカーキャンプ」プロジェクトが始まり、平成27年度には、21チームが沖縄県でキャンプを行いました。
今年度は「沖縄サッカーキャンプ2017」として、今年2月に完成した金武町のフットボールセンターが、新たに受け入れ施設として名乗りをあげるなど更なる誘致に向けて取り組んでおります。
FC琉球は本プロジェクトを通し、地元沖縄への一つの地域貢献の形としてキャンプ誘致による沖縄県の活性化、そして沖縄県サッカー界のレベルアップに向けて取り組んで参ります。

今年度の沖縄サッカーキャンプは沖縄県、そしてFC琉球と電通沖縄の共同企業体が実施しています。(沖縄サッカーキャンプ事務局)

沖縄は、こんなところです。

沖縄県には、140万人が住んでいます。南部に位置する県庁所在地には70万人が住んでいます。沖縄県には、大型電気店、ショッピングセンター、アウトレットモールなど、様々な施設があります。沖縄には、とても美しいビーチがあります。キャンプの際には、足腰を鍛えるためにビーチを走るチームもあります。また、オフの日には美しいビーチを眺めながらリラックスしていただけます。

沖縄は、キャンプのメッカともいうべき場所です。

野球では、日本国内12のプロ球団のうち9球団が沖縄でキャンプを張っています。
沖縄のキャンプが各国のプロチームに人気なのは、
(1) 距離が近いこと (2) 気候が温暖なこと (3) 多くのチームと練習試合を行えることが大きな理由です。
また韓国のプロ野球チームも6球団が、沖縄でキャンプを行っています。

年間平均気温は23.6度です。

年間平均気温は23.6度で、2月でも、平均気温は16.9度(那覇・2016年)と、トレーニングを行うには、最適な環境です。